カレンダー
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
最新の記事
カテゴリー
バックナンバー
プロフィール
検索
リンク

">2014年09月10日(水)11:40

助産院のお産スタッフとして
投稿者: みかりん
この春から若草助産院のお産スタッフに加わりました小林美香です。
主に夜間・休日帯のお産のお手伝いをさせていただいてます。
お産子育て向上委員会、若草ではご飯の会やサークルでいろいろ関わらせていただきましたが、いよいよお産の仕事のお手伝いができるということでうれしく思います。

私は看護婦として他施設で仕事してきましたが、産科での仕事経験はないので、勉強することがたくさんあります。
思い出すのは、遥か昔、学生時代の産科実習の経験と自分の出産の経験です。
産科実習の経験は今でも鮮明に覚えています。
ごく普通の公立の産科病院のお産を見学することがあったのですが、その経験が強烈でその後のお産観まで変わってしまったのです。分娩台で苦しそうな妊婦さん、当たり前のように行われた会陰切開を目の前で見て、自分は絶対お産はやりたくない、と感じました。
もちろん産科では働けない、とも思いました。

出産に対する恐怖はずっとあったのですが、それがいざ自分が出産するという機会になり、いろいろ勉強するきっかけになりました。
幸い、助産院で出産という方法を知り、実現できたことで会陰切開はしないで済んだわけですが、それ以上に自然出産の面白さ、奥深さを知ることができました。
味をしめてその後二人も産んでしまい(一人は自宅出産)お産に対する否定的なイメージもすっかりなくなりました。

若草で妊産婦さんのお手伝いをさせていただけることになり、いろいろなお産に出会えるのがとても楽しみです。
仕事はまだ数件しか経験していないのですが、すでにお産の奥深さにはまっています。
お産はその度みな違っていて、人それぞれです。
じっくり待って出てくる赤ちゃんもいれば、まだ出てこないかな?と油断していると一気に出てくる子もいたりして、驚かされました。
それぞれに合わせられる助産師の技にも感心します。
あれこれ手をかけるイメージがありましたが、どちらかというと「待ち」の姿勢なのかなと感じています。
(実際はきっとスペシャルな技があるのでしょうが。)
最後はお母さんと赤ちゃんの「生むぞ」「生まれるぞ」という気持ちが一番大事なのかもしれないと思っています。

主役はお母さんと赤ちゃん、家族で、スタッフはあくまでも脇役。
出しゃばらず、じっくり寄り添う姿勢を大事にしていると感じました。
まだまだ浅い経験ですが、これからもいいお産に寄り添っていけたらと思っています。

 



">2014年07月10日(木)11:27

トコちゃんベルトの外来を通じて
投稿者: くろちゃん
トコちゃんベルト外来を始めた平成19年度は1年間の外来者数は13件でした。
それから6年で約2〜2.5倍の32件になりました。
これは妊娠中や産後に骨盤を支えることの大切さがだんだん周知されていったことが考えられます。
もう一つは景気の上昇も関係しているかもしれません。

平成19年度の来院者の主訴は1位腰痛、2位臀部痛、3位股関節痛、4位恥骨痛でした。
平成20年度からは、痛みはないが予防のためにベルトを購入する方が毎年徐々に増えています。

また逆子でお腹が張る方や切迫早産の予防のために購入される方も最近では多くなってきました。

平成23年度からはインターネットで購入したが使い方がわからないという方も毎年何人かいらっしゃいます。

またこの年から尿漏れがあるので購入したいという方も少しづつ増えています。
少数ですが、トコちゃんベルトをいろいろ試着したもののしっくりこないためさらしを巻いてみたら一番しっくりきたということでさらしの巻き方を指導して帰られる方もたまにいます。

なお、助産院のトコちゃん外来に来たからといって必ずしもトコちゃんベルトを購入しなくてはいけないということはないので御安心ください。

平成25年度の来院者の主訴は1位腰痛、2位臀部痛および臀部痛予防のため、以下恥骨痛、尾骨痛、腹緊、尿漏れ以外に頻尿、臓器脱、股関節痛、膝痛や使い方がわからないなどさまざまです。

またトコちゃん外来に来た方と関わっていくうちに腰痛に悩んでいる方のほとんどが体が冷えているということに気付きました。
食事の内容を確認していくと朝はパンで済ませている方も多く、果物や甘いものが好きという方も多い傾向にありました。
また冷たい飲み物を飲んでいる方も多く、お風呂もシャワーだけで済ませている方もよくいらっしゃいます。そこで、体が冷えることで腰痛が悪化することをお話しして

・朝はパンではなくご飯にすること
・甘いものや冷たいものを取り過ぎないこと
・下半身浴で体をあたためること
・スカートではなく足首まであるパンツと靴下をしっかり履くこと

などをお話しするようにしています。

また腰痛を改善するために梅しょう番茶を飲むこともおすすめしています。
この梅しょう番茶の効果は自分の体験で実証されています。

腰痛に悩んでいた頃、大森一慧さんの本で梅しょう番茶が効くと書いてあったので試しに梅しょう番茶を毎日飲んでみました。
するといつの間にか腰痛がなくなっていたのでした。
腰痛がなくなってもしばらくは続けていたのですが2〜3か月梅しょう番茶を飲まない時期がありました。
するとまた腰がぎくっと痛くなってしまったのです。
あわてて梅しょう番茶を飲み始めると腰の調子がまたよくなったという経験があります。
腰痛があるときは体が陰性に傾いているので、陽性のものを食べると良いということが実証された体験でした。

腰痛に悩んでいる方は是非梅しょう番茶を飲んでみてください。

 



">2014年07月10日(木)11:07

看護実習生の受け入れ
投稿者: 産婆婆
看護実習生産の受け入れを行って浦安にある了徳寺大学の看護学生さんの実習を6月16日〜27日と、7月8日〜18日の間にそれぞれ1クール2名ずつ6日間行いました。
了徳寺大学の助産院の実習は、統合実習といって、自分が興味を持ったところに実習に行くという事だったようです。
若草助産院に来た4名は、母性看護や助産師に興味のあり、助産院実習を希望した4年生の学生さんでした。

実習の目標は、簡単に言うと

1.助産院の機能や特徴を知る
2.妊娠期から産褥期の女性の身体、心理、社会的特徴を継続的に学ぶ
3.出産、育児について、母親とその家族の主体的姿勢や取組みを学ぶ
4.母親が安全に、安心して出産や育児に取り組めるためにはどのようなサポートが必要か、家族と看護者の役割を学ぶ
5.母親や家族の主体的な取り組みに触れることで出産や育児の意義について考え自己の母性感を深める。

という内容でした。

学校ではよくある目標ですが、波線を付けた部分に助産院に特徴的な内容がかかれています。
「主体的に」、「家族を含めて」、「継続的に」そして一番大切なのが「助産院の機能と特徴」という部分です。
私たちは正常範囲内のお産をお手伝いするものです。

正常産を担っているということと、正常に経過するための観察、ケア、先を見極める目、連携は欠かせないものであり、この目標を見て助産院の特徴をよく知っている先生なのだなという印象を受けました。

先生から見学ではなくて実習という形でないと学べないと考えて、助産院の実習を決めたという発言がありました。
若草に来た学生さんから話を少し聞きましたが、やはり看護学生さんなので、「助産所実習なんて、助産師になるわけじゃないのだから・・・」という他の先生の声もあったそうです。

それを押してまで助産院の実習を選んだ先生たちの期待に応えられるよう、私たちも頑張りました。
幸いにも、実習生さんがいる間に、妊婦健診、1か月健診やお産による入院、出産準備教室、公共施設主催の地域の母乳育児講座、若草ご飯の会など盛りだくさんのことが続いたので、いろいろ見学したり、体験できたりしたのではないかと思います。

最後の反省会で、看護学生さんから赤ちゃんが黄疸になって病院に行っちゃうなんてお母さんはかわいそうだなと思いましたという感想がありました。
医療者であれば治療するのはしょうがない事と割り切れるものですが、でも、かわいそうだなと感じ取る事が出来たのは、産後から赤ちゃんとお母さんが離れずに一緒にいる姿、試行錯誤しながらも楽しく子育てしている姿を見て自然にわいた感情なのだと思います。

医療に流されず、本当はどうあるべきかを常に自問しながら、本来の姿でいられるようにケアしていくのが私たちの仕事です。
価値観や、既往歴、安全を保つためのルール等いろいろありますが、やはり本来あるべき姿をいつも考えながら現場にいることが正常を見守るためには必要なのだと考えています。

実習生さんが、どのように感じたのかは、下記の手記を読んでいただきたいと思います。

私たちもこのように長い期間受け入れをするのは初めてでしたが、とてもいい経験になりました。
ご協力いただいたお母さん、赤ちゃん、ご家族に心よりお礼申し上げます。ありがとうございました。



- - - - - - - - - -

実習の御礼状

了徳寺大学 看護科 4年 K.I

この度は若草助産院での実習をさせて頂きありがとうございました。

この実習を通じて、健康な心と体づくりの大切さを学びました。
”自分で自分を知る”これは自分の状態を知り何が必要で何をすべきかをみつける一つの方法だと思います。
そのために若草助産院では妊婦健診でお灸やテルミーなどのケアをしたり、母乳サークルはぐはぐや母乳講演会などのイベントを行っており、私も参加させて頂きました。
女性が安全・安楽に出産や育児をするためのサポートをする助産院の役割を学びました。

また、妊婦さんや育児をしているお母さんたちが、笑顔で楽しそうに過ごしている姿をみて、とても温かい場だなと感じました。
たくさんの方とお話しして子どもたちからもたくさん元気をもらいました。
このような出会いと経験に感謝し、やさしい心で人と向き合える看護師を目指します。

若草助産院のスタッフのみなさん、妊婦さん・お母さん方もありがとうございました。



">2013年09月11日(水)12:51

女の底力
投稿者: 産婆婆

私が助産院で出産した時、その先生に最近の若い人は女の底力がなくなってきているという話をよく伺いました。私はふ〜〜ん・・という感じでしか聞いていませんでしたが、底力とは、つまり骨盤底筋群であったことに気が付いたのは、私自身が若草でお産を取り上げるようになってからでした。
 

開院当初、体つくりは完璧なのに産後出血してしまう方が何人かいました。こんなに体はいいのに、どうして出血してしまうのかがわからず、私が出産した助産院の先生に聞いてみたりもしましたが、納得がいく答えは得られませんでした。いろいろ文献を調べ、お産がとても安産と言われているアフリカの女性について体の違いなども調べてみたり、いろいろな文献を調べ、どうしてそうなってしまったのかを知ろうとして苦しんだ事がありました。
 

そんな時、理事長の一言。しこふみでもやればいいんじゃないの?というヒントから光りが見え始めました。西洋医学を学んでいたせいなのか、体の内面ばかりに気を取られ、外側、つまり、筋肉、骨、腱についてはまったく見ようという視点がなかったのに気が付きました。

出血がだらだら続くとき、出産して下がったままの子宮、開いたままの子宮口、そんな時は、内診して、下がった子宮をちょっと上に押しやったり、開いたままの子宮口を持って振ってあげると、キュッという感じで上の方に戻っていきます。このような事がわかると、やはり、産後、子宮が元に戻る機能、つまり、筋肉の収縮、腱がきちんと引っ張って戻す、骨盤が開きすぎていない事等が、産後の子宮が戻ることに大変重要であるのではないかと気が付きました。
 

それから、骨盤底筋群強化の日々が始まりました。まずは自分自身で体験。3人産んで尿漏れがあった私はすぐさま筋トレを開始、スクワットの日々が始まりました。本式のスクワットの仕方を調べ、どこの筋肉が発達するのか、歩くのとはどう違うのかを調べました。また、妊婦さんが行うためには、本式のスクワットではおなかに負担がかかるため、どのようにしたらあまりお腹に負担がかからず、骨盤底筋群を有効にトレーニングすることができるのかを皆で検討しました。
 

私の尿漏れは見事に改善し、今は快調です。また前回のお産の後、あぐらで座るができなくなってしまったようなケースも、スクワットで改善されました。また、むくみがひどい場合もスクワットで改善できる事があることがわかりました。妊婦スクワットは私たちにいろいろな良い効果をもたらしてくれました。その結果、出血が多くて病院に受診しなくてはいけないケースは激減して、数年間そのような方はいませんでした。
 

最近になって、子宮の頸管といって出口の部分が緩くて出血してしまうケースが一件あったのですが、その方の子宮自体は固く収縮していたので、おそらくスクワットの効果がなかったというわけではないと考えています。

底力がなくなってしまったのは、和式トイレではなくなったことと、着物を着なくなって足を開いて歩くようになり、骨盤が開いてしまったせいだという事を聞いたことがあります。私もその考えと同様な印象を持っています。生活スタイルの変化は出産にも大きな影響を及ぼすことを知り、時代にあった安産のお手伝いができる産婆になっていかなくてはいけない事を痛感しています。とにもかくにも女の底力は必ず守っていかなくてはいけないことは間違いないと思います。女子が産まれたら、小さい時から、底力を意識した子育てができるよう、私もアドバイスしていきたいと考えています。

(会報誌「満月」2013年9月号に掲載)




">2013年01月10日(木)14:24

沐浴教室のこと
投稿者: みーな

季節ごと行われる、ららぽーとアカチャンホンポの沐浴教室に参加しています。場所が船橋ということもあり、教室に参加された妊婦さんと再開することが、今までなかったのですが、先日、新生児訪問で伺ったお宅のお母さんが参加された方でした。

私が話す声で「もしかしてあの時の助産師かも‥」と気づいてくださり、しばらく沐浴の話に花が咲きました。その中で、「妊娠中に沐浴の方法を知っていたということは、産後の育児の手順を一つ知っているという安心感があった」という言葉が印象的でした。また、夫も一緒に教室に参加したので、沐浴を頼むときに、すべてを説明しなくても「これは覚えているよ」という様子で、ずいぶんと積極的に手伝ってくれたとのことでした。

産後、退院前に沐浴を教えてくれますが、面会時間の制限や平日であれば、そこに夫が参加するのは難しく、私も、退院してから夫に沐浴の方法を一から教えるのは大変だった記憶があります。今、振り返れば、沐浴も何でもないことですが、これから初めての育児に取り組む場合、妊娠中に夫婦で知って準備しておくことが、産後の安心感につながるんだなと、改めて沐浴教室の有用性を感じました。そして、微力ながらその一助となれたことをとても嬉しく思い、また機会があれば、よりわかりやすい説明を心がけていきたいと思いました。

(会報誌「満月」2013年1・2月号に掲載)





  >>